清澄正命「書」への想い

「書」は、その人が持つ「センス」に左右される現代的なアートとは性格を異にします。表現を感覚、誇張、発想に大きく依拠するほど芸術の価値は希薄になりがちです。

 

一方「書」は、その人本来の資質だけでなく、修練によりなお高められ、深い感動を得られる極めて東洋的な芸術といえるでしょう。

 

「書」の名筆を学び、さまざまな美の要素・技術・表現の可能性・品格を理解し汲み取る。そこに人間力が加味され、味わいとなる。「書」の面白さや深さはここにあります。

 

清澄正命の「書」は、日本人としての感性を大切に、「書」の深遠さをまとい、観る人に何かを届けられるものでありたいと常に願っています。

 

 


清澄正命について

書家清澄正命のプロフィールや活動内容を掲載しています。

作品アルバム

清澄正命の最近の作品を掲載しています。

書道教室

三軒茶屋・中目黒・六本木・久が原で書道教室を開校しています。


【清澄正命ブログ】

〈書道家〉清澄 正命(きよすみ せいめい)のブログ

当教室の「筆」の選定をしています (火, 14 7月 2020)
>> 続きを読む

ボールペンの「インク」 (Mon, 13 Jul 2020)
>> 続きを読む

書道の姿勢(えんぴつ) (Sun, 12 Jul 2020)
>> 続きを読む

★オンライン書道教室を始めました!★

新型コロナウィルス感染・拡大防止のため、緊急事態宣言が全国に拡大されました。

 

外出自粛を余儀なくされる今、当教室では、ご自宅に居ながらお稽古ができる、成人向けの「オンライン書道教室」を開講いたしました。

 

 詳しくは、以下のバナー⇩をクリックして下さい。